COVID-19 

Saitama Save Home Project

このホームページは、新型コロナ感染疑いにてCOVID-19PCR検査を実施され、
自宅待機(ホテル待機)の方のサポートをするために作成されています。

埼玉西部医療圏を守るプロジェクト
Saitama Save(Seibu) Home Project

本プロジェクトについて

本プロジェクトは、国立病院機構 西埼玉中央病院 呼吸器内科医師の発案のもと、所沢医師会の多大なるサポートを頂き、所沢西部医療圏の皆様の支援にて行われています。所沢市に限らず、埼玉西部医療圏での待機患者を広くサポートするものであります。

Topics

新規情報を随時アップして参ります

2020/04/17 パイロット版HP開設
2020/04/21 わかさクリニックへ訪問 本プロジェクトの説明
2020/04/21 彩のクリニックへ訪問 本プロジェクトの説明
2020/04/22 所沢医師会 並木病院赤津院長へご説明
2020/04/23 狭山保健所(保健所長・副所長へ)へ本プロジェクトの説明
2020/04/24 フクダライフテック関東(株)より、サチレーションモニター援助
2020/04/27 所沢医師会理事より、本プロジェクトへの全面的支援
2020/04/27 既に自宅待機患者へも導入支援可能なプロジェクトへの変更
2020/04/27 フクダライフテック関東(株)へ100台のパルスオキシメータ購入依頼
2020/04/28 患者説明文書・同意書ver2.0更新(Fax対応)
2020/04/30 フクダライフテック関東(株)より、100台パルスオキシメータの納品
2020/05/01 自宅待機患者以外に、COVID-19PCR陽性でホテル待機患者へも適応拡大
2020/05/01 狭山市医師会長 高木先生へ本プロジェクトのご説明
2020/05/08 入間市医師会長 小室先生へ本プロジェクトのご説明
2020/05/10 保健所負担軽減目的に、IT管理導入促進(読売新聞)(パルス機器なし)
2020/05/11  衆議院議員 柴山 昌彦先生より本プロジェクトへの支援の電話連絡
2020/05/12 所沢医師会「コロナ対策会議」報告に本プロジェクト掲載

Our Mission

西埼玉中央病院 呼吸器内科を中心に、地域の医療崩壊を阻止するべく活動を開始致しました。先ずは、PCR検査後、自宅待機患者様への情報提供と病状把握するツールを構築しました。
所沢医師会のサポートもあり、自宅待機患者全てに対応できるよう準備を進めております(2020年4月27日)

所沢市の陽性患者数

所沢市は、34万人の人口を有しています。4月20日現在のCOVID-19発生数は埼玉県の中でも多い地域と報告されました。また、自宅待機陽性患者は、埼玉県全体で349名(4月20日大野県知事報告より)となり、自宅待機患者への支援が必要となってきます。
埼玉県西部医療圏の保険診療を支えるため、皆様の支援をお待ちしています。

患者様の声

本プロイジェクトを実際に利用された患者さまの生の声を掲載しています。患者様本人の承諾を得ての掲載となります。
(匿名化希望の場合は、仮名として掲載されています)